去年の今頃、明日の今頃

God Save THE KINKS!   〜 Kiyoshiro LOVE ××××

スポンサーサイト

2010.11.09 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | - |

接点

2009.08.09 Sunday 22:58

特に、キヨシロー / レイ  / RC /  KINKS の接点を見つけて書こうとは思いませんが、これは書き残したいなという事があって、
それは、私にキンクスを教えてくれたのがキヨシローとチャボだということ。


キンクスを聴き出したきっかけは・・
「愛しあってるかい」 (81年初版、RCの単行本) のキヨシローのページで 「ユー・リアリー・ガット・ミー」 のジャケットを見たこと。これがとても大きかったんです。
HIS FAVORITE RECORDS としてジャケットが数枚並べられて載っていて、「ユー・リアリー〜」 はその中の一枚。
私はそれを見て、キヨシローが好きなら聴いてみよう! と思ったわけです。 単純なファン心理でした。


そんなファン心理に合わせて、雑誌のインタビュー、ラジオなどでキヨシローとチャボの口から何回か 「キンクス!」 と聞きました。
そして 「イカレてる!」 「カッコいい!」 などという言葉が必ず添えられていて、その声のトーンがまた特別な感じがしたんですよね・・・
で、これは絶対聴かなきゃ・・と思いました。

実際は、キヨシローよりもチャボのほうがキンクスを結びつけて考えやすくて、UKビートはおまかせあれ!なイメージがあります。
チャボは自分がDJ をしていたラジオ番組でもUKビート特集を組んでたくさん曲を流していましたが、よーくキンクスの話をしていたし、曲も掛けていました。
それに、キンクスの話しを書いて番組にハガキを出すと結構な確率で読んでくれる事実が(笑
私もキンクス・ネタを書いてよく投稿しました(笑)


チャボはライヴでも、梅津さん、片山さん達と 「アルコール」 を演ったと聞きました(聴きたかったー)
それに、「オール・オブ・ザ・ナイト」 をギンギン(笑)に弾きまくって歌っているのを目のまん前にしたこともあります(これ自慢です)


書いてみると意外に長くなる話でした・・・その2 にいきます。

RC / KINKS | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

2010.11.09 Tuesday 22:58
- | - | - | - | - |

コメント

こんにちは!DOWNTOWN DIARYのY.HAGAです。お知らせいただいたURLでちゃんと閲覧できました。どうもお騒がせしました。

で、キンクス。僕も好きです!僕の場合は割と80年代以降も好きで、ライブ盤のOne For The Roadとかステイト・オブ・コンフュージョンなんかはリアルタイムで聴いてたんじゃなかったかなあ…。
あの頃、キンクスは初めて日本にやってきて、レイ・デイビスが小林克哉さんの番組に出演したりもしてたんですよね。斜に構えた感じがいかにもイギリス人!って感じで、カッコいいなあ〜なんて思ったもんです。

これからもちょくちょく遊びに来ますんで末永くヨロシクです!
| Y.HAGA | 2009/08/13 8:00 PM |
Y.HAGA さん 
ようこそおいで下さいました!


>ステイト・オブ・コンフュージョン

リアルタイムは私もここが限界なんですよね・・
で、コメント読ませてもらって、やや久しぶりに聴きました。いや〜やっぱこの時代もカッコイイです。
ハードなロック・サウンド全開の曲も、「Come Dancing」「Don't Forget To Dance」のような、キンクスここにあり!みたいな曲も両方聴けていいアルバムです。


レイが出演した番組・・ベストヒットUSA!ですよね。
確かこの時はご機嫌のトークでした。レイがいい笑顔で喋っていたような・・。

あの時代(80年代、特に前半)は時代を溯るのに頑張っていましたが、リアルタイムの音楽にもとても興味がありました。
PVじゃんじゃん流してくれる音楽番組なんて最高でした、よね^^?

英国人、英国人が創る音楽、に惹かれるのはもうどうしようもないんですよね・・
同じものを見れて、同じように感動できる、そんなところが好きです。


コメントありがとうございました。こちらこそ末永くよろしくお願いします!^^
| Lavinia | 2009/08/15 1:47 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://nijiironoyume.jugem.jp/trackback/18

トラックバック




FX 世界時計FX比較




クリックで救える命がある。