去年の今頃、明日の今頃

God Save THE KINKS!   〜 Kiyoshiro LOVE ××××

スポンサーサイト

2010.11.09 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | - |

ある日のRCサクセション 〜 ライヴ記録 5    そしてニューアルバム 「Baby#1」

2010.01.16 Saturday 10:52

キヨシローの新しいアルバムが出るということで、オフィシャルHPに収録曲等情報がUPされていました。


********

1989年にLAで録音されほとんど完成間近であったにもかかわらず、未発表のままであった忌野清志郎のソロアルバムが、奇跡的にマルチテープが発見されたことにより、清志郎デビュー40周年となる2010年3月5日、21年の時を越えてここに蘇ります!!
詳細は追ってお伝えします。


********


個人的な感想を言ってしまうと、、
音源は大切にして欲しいな・・(いったいどこにほかってあったんですか!)とか商業的な宣伝がイヤだったりもしますが・・それでも、とても興味が湧くアルバムですね。と同時に、、
昨年のあの日から 「もうキヨシローの新しい曲が聴けなくなっちゃった・・そんなのイヤだ・・」 という事で私はどうしようもなく悲しかったわけではなくて、キヨシローがいなくなってしまったこと。ただそれだけが悲しかったので 「ニューアルバム やったー!早く曲が聴きたい!」 という気持まで遠いな・・と言うところもあります。
ビッグネームのアーティストは没後これでもかとあれこれなアルバムがリリースされるのが通常。こういうの慣れてゆかなければいけないことなのかなぁ?とも思ったり・・です。


アルバムの収録曲自体は既発のものでほとんど聴けますが1989年にLAで録音と言うことで新鮮に聴けそうですよね。別物になっているかもしれませんし。
それに曲はどれも一曲一曲立っているものばかり、しかも録音には小原礼さんが関わっておられるようです。いつもとちょっと違うキヨシローの音を期待させますよね。
製作時にも二人の音楽的会話がずいぶん弾んでいたんじゃないのかな?なんて想像しています。
この時期の “キヨシローが向かいたかった場所” なんかも聴き取れるのではないかな〜と思っています。


さて。
今日はライヴ記録も合わせてUPしたいとのでそちらに話を移行しながら・・
今回のアルバム・タイトル(収録もされている曲) 「Baby#1」 これにはビックリしましたっ^^
私はこの曲をRCのツアーで聴いているのですが(他のバンドでも演っていたかな)いい曲なんです。正確に言うと、いい曲だったということをハッキリ覚えているんですよ。
なので聴けたら感動しますね。今回のアルバム唯一の未発表曲ですし。これは是非聴きたいです。


で、この曲を初めて聴いたRCのライヴ記録もとってあるのですが、実はこの時期のものはUPしようかやめようか少々迷っていたんです。日付からしてあやふやな記録・・・
ノートの字を見てもよく分かります。
適当なメモのようになっていて気持が入っていないんですよね・・自分でガッカリしてしまいます。

自分のRCに向かっている気持が100パーセントじゃない時期でした。
RC内がちょっとごたごたし始めていたこともあったし、ライヴに通い慣れてしまっているところもあったり、ローティーンの頃RCに持っていた感情は少しずつ形を変えていっていました。
不安でしたね。RCのことも、自分の将来も。


今度出るニュー・アルバムを制作していたのが89年。
不安だったのはファンだけではなくて当然キヨシロー本人達も。その中でライヴもやり、新しい試みで作品も残していた。
キヨシローにまたいろいろと語りかけたくなってしまいます。


どんな情況でもキヨシローはキヨシローだったこと。マジメに音楽と向き合い、ただ自分の音楽を信じ続けて、ただ純粋に自分の音楽をやっていたくて突き進んでいただけだと、
今日また改めて思ったりです。


**********************

RC SUCCESSION  Concert  NAGOYA  @愛知勤労会館
(多分)'89.4.19 (もしかしたらその前後のライヴかもしれません) 
1階 9列34番


よォーこそ
君が僕を知ってる
Dance Party
ヘルプ!
Vo.金子マリで2曲
(多分「噂のマリー」とか「ラッキー・ボーイ」あたり?)


Baby ナンバーワン (Baby#1)
プリプリ・ベイビー
(新曲がもう一曲と書いてあるのですが、多分たっぺいくん絡みの曲)

ラヴ・ミー・テンダー
Chabo 新曲(アルバムに入ってない曲でした)
軽薄なジャーナリスト 含め新曲3曲
(時期的に 「空がまた暗くなる」 「I LIKE YOU」 「恩赦」 「彼女の笑顔」 あたり?)


ドカドカうるさいR&Rバンド
DIGITAL REVERB CHILD
国立市中区3−1(返事をおくれよ)
黒くぬれ!
雨あがりの夜空に


Stand By Me


******************************

曲目以外に記録がなくて、何か感じ取れないかな・・と何度か見返してみましたが、
やはり温度低めのセットリストじゃないかなと思います。
それを表現すると、、
RCの曲で「Rock'n Roll Show はもう終わりだ」という曲があるのですが、その曲を聴いたときの脱力感と似ています。
歌の内容も記憶にある演奏も淡々としていて寂しさを感じてしまうそんな感じです。

それでも嬉しいサプライズはありましたよ^^!
「国立市中区3−1」を演奏したときの驚き、忘れられません。
そう・・、3人の頃のRCのナンバーを演奏すると昔(80年前半)のライヴは客席の反応がそれほどよくなかったんですよね。
でもだんだん・・・昔の曲を演るととっても盛り上がるようになりました。このファン心、非常に理解できるものです。
「国立市中区3−1」・・・・・地図片手に一人訪ねた事。合わせて記しておきたいと思います。

RC ライヴ記録 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

2010.11.09 Tuesday 10:52
- | - | - | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://nijiironoyume.jugem.jp/trackback/58

トラックバック




FX 世界時計FX比較




クリックで救える命がある。