去年の今頃、明日の今頃

God Save THE KINKS!   〜 Kiyoshiro LOVE ××××

スポンサーサイト

2010.11.09 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | - |

洋楽マイ・ベスト・アルバム

2010.02.19 Friday 18:50

ブログを始めてちょうど5年目に入りました。ちょっと記念日な感じがしてしまいます^^
で、今日は今まで書いているようで書いてなかった話、「洋楽マイ・ベスト・アルバム」 を書いてみたいと思います。
アルバム一枚一枚については書いたことがあるのですが、こうやって並べるのは初めてです。


でもマイ・ベストとなると、選ぶにあたっていろいろなポイントが出てきてしまうんですよね・・
1アーティスト(バンド)一枚か?とか、やっぱりその人の代表作を入れるべきか?とか、年齢によっても、その時期の精神状態によっても微妙に入れ替わりますし・・なんてあれこれ楽しく迷ってしまいました。
で、ここはですね、 “今までの人生を私と共に歩んでくれた、自分にとっての最重要作品” というタイトルでいきたいと思います。
ちょっとビシッとキマらないタイトルですけれどね(苦笑

何か感想を持っていただけたら嬉しいです。


***************************


◆ 「Blind Faith」  Blind Faith


このアルバムを聴いた時の衝撃は一生忘れられません。
スティーヴ・ウィンウッドの歌は私の音楽好き人生をより深いところに連れてってくれました。
そして彼は、私が好きなギタリスト“5本の指”にも入ります。


◆ 「John Barleycorn Must Die」  Traffic


ブリティッシュ・ロックの大名盤。
スティーヴ・ウィンウッド他、ジム・キャパルディ、クリス・ウッド、主要バンド・メンバー皆大好きです。
私はトラフィック依存症なので年中聴きっぱなしです。
アルバム1曲目「Glad」 は私の気絶ソング。


◆ 「Steve Winwood」  Steve winwood


地味な印象のアルバムですが、何度聴いても決して飽きません。
普通の人としても、音楽家としても敬愛して止まぬアーティストです。


◆ 「River」  Terry Reid


テリー・リードはホント大好きなアーティスト。
彼について語るとき、“レッド・ツェッペリンとディープ・パープルのヴォーカリストを断った男” という話しが必ず付いてきます。
ブルースな生き方をしているロッカーです。彼の曲は繊細。存在は孤高。
このアルバムではデヴィッド・リンドレーのギターも聴けます。


◆ 「Carney」  Leon Russell


大好きなソング・ライター、レオン・ラッセル。
1stも大好きですが、バラエティーな楽曲が並ぶこちらの方がたくさん聴いています。
スワンプ・ミュージックは時々無性に聴きたくなりますが、
野性的で神秘的。そして気品が感じられる楽曲は非常に惹きつけられます。


◆ 「Music From Big Pink」  THE BAND


このアルバムも初めて聴いた時はビックリしました。「なんだこれは・・」 に始まって、あっという間に好きなバンドになりました。
ザ・バンドを聴き始めたきっかけは中学生の時に聞いたキヨシとチャボの会話から。


◆ 「Otis Blue」  Otis Redding


収録されている曲は好きな曲ばかり。とにかくよく聴いてきました。
サム・クックやマーヴィン・ゲイのアルバムにいきたいところですが、私オーティスから入ったのでやっぱりこのアルバムは外せません。


◆ 「Live」  Donny Hathaway


ダニー・ハサウェイの作品は品格がたまりません。
このライヴアルバム、ただ事でないグルーヴを感じますよね。
「You've Got Friend」はファンの叫び声含めて鳥肌立ちます。


◆ 「Another Hand」  David Sanborn


このアルバムはサンボーンの作品の中でもちょっと異質な感があるかもしれませんが、大好きです。これはもう個人の好みだと思います。
夜中に大音量で聴くと最高に気持ち良いです。


◆ 「Rubber Soul」  THE BEATLES


ビートルズのアルバムを選ぶのはキンクスと同じくらい難しいですね。
「Nowhere Man」 と 「In My Life」 が入っているので、これが一番好きかなやっぱり。


◆ 「Something Else」  THE KINKS


選ぶのが超難しくも、総合力でこれ。
「Waterloo Sunset」 を嫌いだなんていうブリティッシュ・ロッカーは信じません。


◆ 「Axis:Bold As Love」  Jimi Hendrix


ジミも私が好きなギタリスト“5本の指”に入ります。
ジミのギター琴線触れます。


*******************

私のロックとは? というタイトルでもいいかもしれないなぁと書きながら思いました。
近いうちに邦楽もやってみたいかな。
・・楽しかったので、好きなギタリストとかもやってみたいですね・・・またそのうち(笑




 

favorite music | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

2010.11.09 Tuesday 18:50
- | - | - | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://nijiironoyume.jugem.jp/trackback/64

トラックバック




FX 世界時計FX比較




クリックで救える命がある。