去年の今頃、明日の今頃

God Save THE KINKS!   〜 Kiyoshiro LOVE ××××

スポンサーサイト

2010.11.09 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | - |

清志郎トリビュート番組からエピソード

2010.05.08 Saturday 18:18

5月2日の深夜、NHKで 「ロックの学園 忌野清志郎トリビュート」 という番組をやっていました。
こういった番組、実は少々苦手なのでガッツリ観ていませんが、途中、間寛平さんが出てきてキヨシローのエピソードを話されていました。
短い話でしたが面白かったですよ。


まず最初にひと言、キヨシローのことを 「やさしい」 と。

「夜の8時に待ち合わせして夜中の12時まで待たせたんやけどずっと笑ってた。普通やったら怒るよ」

だったそうです。“ずっと笑ってた” にキヨシローの人柄がよく出ている可笑しいエピソードですよね。


そして “キヨシローは若者にどんなメッセージを伝えたかったのか” については、こう話されていました。


「自分がロックをやってきてこれからまた若い子が出てくる。
ロックは半端なもんじゃないとその子らに伝えていこうと思ったんじゃないかな。ロックはちょっと半端なもんと違うぞと」


寛平さんがキヨシローを語る表情は笑顔でしたが、偲ぶ寂しさみたいなものが伝わってきてグッときてしまいました。


私がすぐ思い出す “寛平ちゃんとキヨシロー” の一場面は、テレビ番組で一緒に歌っていたところなんですよね。
寛平さん、すっごいロックな装いでキヨシに並んでた記憶があります。
私はこの二人、よく似てるなぁ・・といつも思うんですよね、人柄が。
今は病気治療中でアース・マラソン中断されていますが、、
寛平ちゃん!応援してるよ−!!


で、“キヨシローは若者にどんなメッセージを伝えたかったのか”という質問が頭に残ってしまってしばらく考えてみました。
「こんなことを伝えたかったんだろうな」 なんていうのは分かってるつもりでいますが、正直言ってしまうと、そういう “何かを伝えること” に熱いキヨシローが好きでたまらなかったわけじゃないので、ピンときません。
ただ次の世代に本物のロックを伝えていく使命がある “選ばれた人” であったのは確かでしょうね。


そして伝える側ではなく、受け取った側から、何を教えてもらったかな・・・・と考えれば、
私は、自分らしく生きることを教えてもらいました。属しないこと。
それと、たくさんの本物の音楽。そしてそれに夢中になることの意味。
それと、、自分が好きになったアーティストを心から敬愛することがどんなに素晴らしい事であるか。

こんな事がすぐ思い付きます。そして他にもまだまだ・・・数え切れないほどの大切な事を教えてもらいました。



番組の話しに戻って、後半は楽しみにしていた泉谷さんの登場。


「自分の流行モノを人に押しつける悪い傾向があって・・
Faxが出てきたときに一晩中Faxが来た」

で、「Faxを買ってやり方を覚えてキヨシロー「Fax買った」って言ったら
「もう飽きた」って言われた」

なんていう楽しいエピソードを笑顔でお話しされていました。
泉谷さんが話されるキヨシローの話は本当に楽しくて面白いものばかり。
泣けてしまう話しも多いんですけどね。

それと、こんな話も。
「救済ライヴもやってくれないイメージがあるけれど二つ返事でOKしてくれる」

こんなキヨシローはもちろん大好きでした。
私もチャリティーに関しては視野を広く持って、自分に出来ることをいつも考えていたい。そう思っています。


ひとつ思い出しました。
さっき 「自分の流行モノを人に押しつける悪い傾向があって・・・」という話を書きましたが、私も勝手に影響されたことがあるんですよ。

キヨシロー、一時期すっごいテレフォン・カード集めに凝ってましたよね。
で、私も影響されて集めてたんですよ。で、一気にたくさん集めてすぐ飽きましたけど(苦笑


珍しい物ではありませんが、RC&忍者テレカがあるので撮ってみました。イラストがとても可愛いです。

清志郎 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

2010.11.09 Tuesday 18:18
- | - | - | - | - |

コメント

お久しぶりです。
読んでいて、なんだかLaviniaさんの抱く清志郎のイメージは、僕のそれととても良く似ているな〜と思いました。
僕も“何かを伝えること”に熱い清志郎はあんまりピンとこなかったんです。そんな直接的な物言いより、何ものにも属しない生き方そのものから影響されたことの方がずっと大きかったなあ〜って今思います。
大人になると“ちゃんとしなきゃいけない”とか“こんなことしたら笑われるんじゃないか…”みたいな事を考えちゃって、自分が本当に好きなことを封印しなきゃいけない場面がけっこうあると思うんですけど、清志郎はそういうことからとことん自由でしたよね。すぐに夢中になって、あっという間に飽きる(笑)。そんなキヨシがたまらなく好きです。

気になったらとりあえず飛び込む。好きなことにはのめり込む。これからも、そんな生き方をしていきたいと思っています。
| Y.HAGA | 2010/05/19 4:01 PM |
HAGAさん お久しぶりです。


>大人になると“ちゃんとしなきゃいけない”とか・・・

キヨシの言ってた言葉で“万年少年”っていうのがありましたよね。
キヨシにピッタリな言葉だと思います。
私はそれがすごーく大好きでとても気に入っていました。
自分でも“万年少女”でいたい、と寄せ書きなどにいつも書いていたんですよ。


やっぱり曲もですね、私は多くの人に向けられたメッセージ的なものよりも、
キヨシローの感性溢れる個人的な曲が好きです。
“らしさ”が見え隠れする可愛らしい曲や情けない曲、威張った曲、大切な人達を想う個人的な曲・・そんなのが大好きです。

>気になったらとりあえず飛び込む。好きなことにはのめり込む

何に対しても私もそうでありたいと思います。
特に音楽を聴くにあたって、それはとっても大事なことでしょうかね。

| Lavinia | 2010/05/22 9:01 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://nijiironoyume.jugem.jp/trackback/71

トラックバック




FX 世界時計FX比較




クリックで救える命がある。